26日、台湾を訪問する中国人観光客の間で禁書が人気アイテムとなっている。写真は台湾の誠品書店。

写真拡大

2016年1月26日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト中国語版サイトはこのほど、台湾を訪問する中国人観光客の間で禁書が人気アイテムになっていると伝えた。

【その他の写真】

2011年6月に中国人観光客の台湾個人旅行が解禁された。その後4年半、いわゆる「禁書」の売れ行きは5倍以上に増えている。禁書とは習近平(シー・ジンピン)や毛沢東、趙紫陽など政治指導者に関する政治や恋愛のゴシップなどをまとめたもので、中国本土では出版禁止とされている。

台湾と並んで禁書の出版が盛んな地域が香港だが、禁書専門書店である銅鑼湾書店の株主、店主、店員が次々と失踪する事件が起きた。中国当局は香港の書店に禁書を販売しないよう圧力をかけているとも伝えられる中、唯一自由に出版できる台湾での禁書ビジネスはますます盛んになっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)