おいしいコーヒーを満喫。おうちカフェを実現するグッドデザインの「カフェグッズ」

写真拡大 (全5枚)

とっておきのスイーツのお供に欠かせないのが、おいしいコーヒー。カフェで味わうのもいいけれど、自宅でゆっくり過ごすコーヒータイムも格別なもの。こっくり甘いチョコレートや生クリームたっぷりのイチゴのショートケーキなど、とっておきのスイーツと一緒におもてなしすれば、ちょっとしたおうちカフェ気分に。

そこで今回は、自宅でも気軽に本格的なコーヒーが淹れられるツールから、マグカップまで、デザインにも優れたグッズをご紹介!
◆エスプレッソもカプチーノも作れる!イタリア仕様の「エスプレッソメーカー」


本物志向の女子におすすめしたいのが、イタリアの「デロンギ」社のエスプレッソメーカー。ラインナップの中でも、「アイコナ エスプレッソ・カプチーノメーカー」は、ミルクスチーマーも内蔵されていて、カプチーノも簡単に作ることができるのが嬉しいところ。

レトロなデザインも魅力で、鮮やかなカラーがインテリアのアクセントにも。色は写真のブルーのほかに、レッド、ブラック、ホワイトの3色がある。専用のカップ&ソーサーも合わせて入手すると、ちょっとしたおうちカフェに。おいしいスイーツと一緒におもてなしすれば、本場の味わいに彼や友人からの評価も上がるはず。

写真)「デロンギ アイコナ エスプレッソ・カプチーノメーカー」(32400円)、「トニャーナ カプチーノ カップ&ソーサー」(4客セット3888円)/以上、デロンギ・ジャパン

◆ひとりカフェタイムにも、彼とのくつろぎ時間にも。手軽に淹れられる「ドリッパー」


ひとり分のコーヒーを簡単に淹れられるドリッパーは、ひとつは持っておきたいもの。そこで、注目したいのが、耐熱ガラスポットとメジャーカップ、専用フィルターがセットになった「KONO(コーノ)」のコーヒードリッパー(写真左)。お湯がドリッパーに溜まりにくい円錐形の抽出口で、苦めが好みならゆっくり、酸味を味わいたいのなら早め、とお湯を注ぐ速度を変えるだけで味わいをコントロールできる。

また、“しっかり濃いのにすっきりした飲み心地”のコーヒーをが好みなら、ドリッパーの内側が二段階構造になっている「TORCH(トーチ)」の「ドーナツドリッパー」を選んで。一段目で一旦お湯を受け止め、豆の旨みを引き出してくれる。写真右は、その1〜2人用サイズの「マウンテンドリッパー」で、逆楕円錐台形の磁器にペーパーフィルターを入れ、無垢材を仕様したドーナツ型の受け部にマグカップに直接乗せて淹れる仕様。プロも愛用する逸品で、カフェ顔負けのおいしいコーヒーを楽しんで。

写真)左から、「KONO 名門2人用ドリッパーセット」(4428円)/AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ) 「TORCH マウンテンコーヒードリッパー」(2376円)、「Ittala TEEMA(イッタラ ティーマ) マグ」(2700円)/以上、スパイラルマーケット

◆キッチンでの佇まいも絵になる「保存ビン」&「コーヒーメジャー」


コーヒーは豆から…そんなこだわり派には、豆の保存ビンやコーヒーメジャーも必須品。家のモチーフが愛らしい「TORCH」の「コーヒーメジャーハウス」は、自立型だから場所をとらないし、置いてあるだけでもほっと和むグッドデザイン。

神奈川県小田原市の木工作家がひとつひとつ手作りしているこちらには、ウォルナットとビーチの2種類があっるけれど、コーヒー豆の艶やかな色にはこっくりとしたブラウンのウォルナットがおすすめ。保存ビンの蓋とメジャーを同じ素材で揃えれば、統一感も生まれる。

写真)左から、「ガラス瓶」(1944円)、「TORCH(トーチ) コーヒーメジャーハウス(ウォルナット)」(1728円)/以上、スパイラルマーケット

◆よりどりみどり。気分で選ぶ「コーヒーマグ」


おうちカフェを楽しむのなら、表情豊かなコーヒーマグもいくつか揃えておきたいところ。一緒にいただくお菓子に合わせて、コーディネートするのも楽しい。

写真左の「Sabato(サバト)」は、南スイスを拠点に活動するアーティスト、アオイ・フーバーさんのイラストを焼き付けた波佐見焼のシリーズ。カーサ(家)、テット(屋根)、ルナ(月)、マーレ(海)といった日常と自然の風景をリズミカルに描いたポップな柄が魅力的。イタリア語で「土曜日」を意味する名を持つカップ&ソーサーは、仕事から解放された週末のコーヒータイムにぴったり。

人気作家・イイホシユミコさんの新シリーズ「ReIRABO(リイラボ)」も見逃せない。「伊羅保(イラボ)」という本来量産には向かない安定しにくい釉薬をあえて使うことで、ひとつひとつ釉薬の出方に違いを生み出しているとか。マットな質感の落ち着いた風合いは、コーヒーだけでなく、和菓子とお茶のティータイムにも活躍しそう。ウィークデイに多様な用途で使いこなして。

写真)左から、「Sabato(サバト) コーヒーカップ&ソーサー カーサ」(3780円)、「Sabato エスプレッソカップ&ソーサー ルナ」(3240円)/以上、SEMPRE AOYAMA 「ReIRABO(リイラボ) カップM spring mint green」(2700円)、「ReIRABO カップS winter night gray」(1944円)/以上、スパイラルマーケット