作品やオブジェが約400点!横浜美術館で「村上隆のスーパーフラット・コレクション」

写真拡大 (全4枚)

ルイ・ヴィトンとのコラボレーションなどでも認知度が高い、現代の日本を代表するアーティスト、村上隆。海外のオークションで作品が高額落札されることでも有名だけど、実は膨大な美術コレクションを持つコレクターでもあることを、知っていた?

みなとみらいにある「横浜美術館」で、2016年1月30日(土)から4月3日(日)まで開催される「村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白(しょうはく)、魯山人(ろさんじん)からキーファーまで―」は、そんな村上隆の一面を知ることができる展覧会。

今回は、約5000点を超える彼のコレクションから、村上の美意識にかなうことを基準に選んだ作品やオブジェ約400点を、「彫刻の庭」「日本・用・美」「村上隆の脳内世界」「スタディルーム&ファクトリー」、「1950-2010」の5つのコーナーに分けて、「スーパーフラット」に展示する。

普通は平面の絵の展覧会だと多くても100点程度のところ、今回は圧倒的な物量のため、展示室を拡大したそう。例えば「彫刻の庭」では、美術館エントランスの大空間とともに普段は作品を置かない展示室の入り口部分も使っている。

ここには、巨大な彫刻やインスタレーションが並び、中には全長約10m、高さ6mという巨大な作品も。写真は幅5mというアンゼルム・キーファーのインスタレーション作品「メルカバ」。

「戦後ドイツを代表する作家であるアンゼルム・キーファーは、村上氏にとっても尊敬する大スターだそうです。作品が巨大であろうが高額であろうが、コレクションに加えるという体験が必要、とおっしゃっています。村上さんにとって、美術蒐集は“限界への挑戦”であり、芸術活動のひとつなのです」と、広報担当者さん。


生活の中の日用品に見出した「美」が整然と並ぶ「日本・用・美」には、明治から昭和にかけて画家・陶芸家としても活躍した芸術家、北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)の陶器や、豊臣秀吉の書なども登場。

村上本人が主宰するギャラリーに所属する現代の若手陶芸家の作品やアンティーク家具、雑貨やオブジェなど、あらゆるものが一緒くたに展示された「村上隆の脳内世界」も、ファンなら見逃せない展示。こちらは、他人にはなぜ購入したのか分からない雑貨と、アート作品や骨董品を一緒に展示することで、村上氏の思考回路を理解しようという試みとか。


また、コレクションの柱となる1950年代から現在までの作品を集めた「1950-2015」のコーナーは、1962年生まれの村上隆が生きてきた時代の美術史といえるもの。

ここでは、ポップアート界のカリスマ、アンディ・ウォーホルや、写真家の荒木経惟など、みんなが知っているアーティストから、まだ知名度が低い若手の新進作家などのアート作品が揃うそう。村上氏ならではの美術史を眺めたら、彼が見つめてきた時代の形が分かるかも。

会場では、2月12日(金)、26日(金)、3月11日(金)、25日(金)に開催される「学芸員によるギャラリートーク」(事前申し込み不要・参加費無料)があり、作品や展覧会に関するエピソードが聞ける。また、美術館が閉館した後に、学芸員の解説付きでゆっくり鑑賞できる3月9日(水)開催の「夜の美術館でアートクルーズ」(要事前申し込み・参加費3000円)も人気のプログラム。

アーティスト・村上隆の持つ独特の価値観や美意識を、膨大なコレクションの一端からのぞいてみて

トップ画像:村上隆とスーパーフラット・コレクション Photo: Kentaro Hirao
画像1:アンゼルム・キーファー 《メルカバ》 2010年 
(C) Anselm Kiefer. Courtesy Gagosian Gallery, Photo by Charles Duprat
画像2:北大路魯山人《織部 四方鉢》 昭和時代
画像3:奈良美智《ハートに火をつけて》 2001年 
(C)Yoshitomo Nara, Courtesy of the artist