土田晃之

写真拡大

24日放送のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で土田晃之が、受験に失敗した娘とのエピソードを語った。

土田の娘は、先日初めての中学受験に挑み、結果は不合格となってしまったのだとか。土田自身は「中学受験なんで、別に受けろうが受かるまいが知ったこっちゃない」「受からなくても近所の公立の学校に行けば良いし」と、考えているのだという。

そのため娘の受験不合格という結果を知っても「いいんだよ落ちたって。中学受験は、お前が塾に行って一生懸命勉強した成果だから」「チャレンジしたってことで、その先に合格があるか不合格があるか分からないけど、頑張ることが大事なんだ」と励ましたそう。

一方で土田は、娘に「高校(受験)は全部落ちちゃうと、何もなくなっちゃう」といった話もしたのだとか。その際、自身の高校受験のエピソードを娘に明かしたという。

土田は高校受験のとき、埼玉県内でも偏差値の低い学校を選び「最悪でもそこにはいける」と目論んでいたそうだが、担任教師からは「(土田の学力では)そこも行けない」と言われてしまったという。しかし、ほかに合格の見込みがある高校もなく、その私立を単願で受験したのだそう。

そして土田の妻も娘に「父さんはね、受験1校しか受けたことがない。埼玉でも1〜2を争うくらいのなかなかパンチのきいた学校だったんだよ」「(単願は)『ここしか受けませんよ、だから入れてくださいよ』みたいなヤツなんだと」と説明していたそう。

そんな土田は、その後リスナーに向けて「今、受験で悩んでる子もいっぱいいるでしょうけど、そんな深く考えずにね」「あとご両親も、子供の人生なんか分からないからね」と呼びかけていた。

【関連記事】
土田晃之 ベッキーのLINE流出に「もう救えねぇ」「フォローできねぇ」
土田晃之 高橋健一容疑者の行為は「性癖だから治らない」と断言
土田晃之が「週刊文春」のベッキー不倫交際報道には続報があると推測