25日、「空気がきれい」を売り文句にする中国の映画館が増えている。写真は深刻な大気汚染に見舞われた北京。

写真拡大

2016年1月25日、環球時報は「“空気がきれい”を売り文句にする中国の映画館が増えている」と伝える米紙ロサンゼルス・タイムズの記事を紹介した。

記事によると、中国北京市のショッピングモールには「きれいな空気を提供」する韓国系の映画館があり、先月は北京と隣接する天津市にも空気清浄技術を導入した同系列の映画館がオープンした。鑑賞料金は1枚20ドル(約2400円)前後と中国の平均価格の約4倍。映画館側はPM2.5の濃度を20マイクログラム以下に抑えることを約束しており、同記事は「米国では中くらいのレベルだが、中国の基準では“優”に相当する」と指摘している。

中国の都市部では室内の空気の汚れがますます深刻な問題となっているが、学校やレストラン、その他公共施設などで空気清浄機を導入している場所は少ない。あるデータによると、北京のオフィスビルの90%で「室内の空気は屋外と同様にひどい」という結果が出ており、調査対象となったビルの25%が「屋外よりも室内の空気の方が汚い」との状況だった。

米べインキャピタルの関係者は「空気清浄技術に対するデベロッパーの関心は高まっている」と説明する。ドアの開閉によって屋外の空気が流れ込みやすいカフェなどに比べ、密閉度の高い映画館は室内の空気をコントロールしやすいとの指摘もあり、中国国内の大手も昨年末に空気清浄システムを一部の映画館に導入すると発表している。(翻訳・編集/野谷)