1月25日、ラルフ ローレン 表参道にて、ポロ ラルフ ローレンがプロラグビー・五郎丸歩選手のスペシャルサポーターに決定する記者会見が行われ、ご本人が登場しました。


もちろん、全身ポロ ラルフ ローレンで決めた五郎丸選手、ユニフォーム以外の姿も格好いいですね♡


グレーのジャケットに白いシャツを合わせ、ウエストマークしたベルトに白いパンツ、そして素足にローファー、しめに胸元に黒いサングラスという大人カジュアルな格好で、いつもとは一味も二味も違う五郎丸選手!

この日のコーディネートについて、「普段厚着しないんです。年から年中Tシャツなんで、今非常に暑いです」と言いながらも「全部気に入っています。素足で(ローファーを)履くのは初めてですけど(笑)。サイズ感も、僕は大体パンツはウエストに合わせるとももで止まるし、ももに合わせるとウエストがぶかぶかなんですけど、非常にフィットしています」とご満悦。


普段はスエットばかりという五郎丸さんでしたが、ポロ ラルフ ローレンは昔から着用していたそう。

「旅行に行くといったら大体ディズニーランドで、そのときは上から下までラルフ ローレンでした。田舎者なので、とりあえず着ておけば間違いないと(笑)。あまり私服で皆さんの前に出てくる機会がなかったので、今までファッションに無頓着だった人が変わってゆくさまを見てください」と、おしゃれ人間への変貌(!?)を宣言していました。


五郎丸選手といえば、ワールドカップで見せた勇姿、強くぶれない姿が印象的でした。

ぶれない自分を作り上げるための手段を聞くと、「ぶれないと言い続けることですね。それこそ僕も人間なんで、たまにはぶれますけど。いつこうなったかはまだわからないですけど、やっぱりワールドカップで、ある程度の成績を出せたことでは非常に満足しています」と、あの世紀の一戦を例に挙げていました。

そして、あの一戦&報道以来、自身を取り巻く環境もすごく変わったと話します。


「環境、変わりましたね。自分のことを知られているのは少し怖いんですけど。でもそれをきっかけにラグビーを知っていただければありがたいです。ただ、やはり子どもと一緒にいるときは静かにしてください、という感じです(笑)」と、イクメンっぷりも発揮していました。

2016年は五郎丸ポーズではなく、“五郎丸コーデ”が流行るかもしれないですね。

【関連記事】

※ 紺ワンピにスレンダーな身を包んだ有村架純、女子会は「高畑充希と…」

※ 蒼井優、妻夫木聡との共演について語る「知り合って10年の月日が芝居に生きた」

※ 「ういっす〜」菅田将暉、「鬼ちゃん」スタイルで登場!新CMで見せた顔とは?

※ 【東京ディズニーリゾート】JR京葉線舞浜駅の発車予告ベルが、あの「アナ雪」の音楽に!

※ モテ子は絶対にやらない!恋愛を遠ざけるNG行為4つ