今週末限定! 「現代音楽ヒットパレード」がやってくる:白井剛×中川賢×堀井哲史

写真拡大

1/30、31の2日間限定で、気鋭のダンサーとピアニストと映像作家が個性をぶつけ合う「前衛的複合パフォーマンス」が行われる。演目はライヒ、クセナキス、武満をはじめとする現代音楽のヒットパレード。舞台は、「奇跡の音響」の誉れ高い東京文化会館の小ホールだ。

上野の東京文化会館の小ホールはこれまで、オーソドックスなクラシック音楽の枠に収まりきらないさまざまな実験的プログラムを多数組んできたが、1月30日、31日に上演される「ON-MYAKU 2016−see/do/be tone−」も、そうした試みの一環として注目したいスリリングな演目だ。

「今週末限定! 「現代音楽ヒットパレード」がやってくる:白井剛×中川賢×堀井哲史」の写真・リンク付きの記事はこちら

音楽とダンスと映像をミックスした複合パフォーマンス…と簡単にいってしまうと、なんだかとてもありきたりなもののように思われるかもしれないが、今回は、各々のプレイヤーとコンテンツの尖鋭さが尋常ではない。

東京文化会館がこの企画をまず提案したのは、過去に数々の実験的作品を試みてきた日本を代表する前衛ダンサー/コレオグラファーの白井剛。

「ぼくが以前やったアルディッティ弦楽四重奏団との共演作『アパートメントハウス1776/ジョン・ ケージ』を観て、音が見えるようだったといっていただいて。単純に、音をそのまま視覚化するというのではなく、生楽器演奏者の身体の動きそのものもカッコいいので、それをダンスや映像といかに共存させられるかというのを考えた。視覚情報と音声情報を組み合わせてその先にあるライヴをつくるというのが、今回のプロジェクトのテーマですね」

かくして白井がコラボレイション相手として声をかけたのが、現代音楽のスペシャリストとして名高いピアニストの中川賢一(現代音楽アンサンブル「アンサンブル・ノマド」のメンバー)と、Perfumeのライヴ演出等で世界的に知られるライゾマティクスの堀井哲史だった。

演奏される曲は、すべて現代音楽ばかり。中川がリストアップし、白井、堀井とも話し合って決定したという演目には、オリヴィエ・メシアンが鳥の鳴き声を五線譜にしたといわれる神秘的なピアノ独奏曲「鳥のカタログ」を筆頭に、ヤニス・クセナキス「ヘルマ」やジョン・ケージ「ドリーム」、スティーヴ・ライヒ「ピアノフェイズ」、そのほかリュック・フェラーリ、モートン・フェルドマン、ヤコブTV、武満徹など戦後前衛音楽史を彩ってきた代表的作品がずらり並んでいる。

「現代音楽ヒットパレードといった感じですね(笑)。小ホールは、角にしつらえたステージを取り囲むように客席が設けられた特殊なライヴ空間です。“奇跡の音響”などと称えられてきたように、とにかく音の響きが尋常でなく素晴らしい。今回の選曲も当然、このスペース特性を考慮した上で決定されました」

中川のそんな言葉を受けて、白井が続ける。

「憶えやすいメロディや規則的ビートがない複雑な音楽と身体表現を融合させてゆくのは難しいけど、音にひっぱられて、自分でも予想しなかったダンスや新しい発想が生まれてくる。楽譜の音符の流れやかたちを見て、そこから身体の動きを考えたりもする」

そんなふたりの音とダンスにデジタル映像を掛け合わせることで新たなイマジネイションを喚起してゆくのが堀井だ。そこでは、たとえば白井の手足にとりつけたセンサーを通して筋肉の動きに応じて映像を変化させたり、ピアノを弾く中川の頭に装着したセンサーで脳波の動きを画像化したりと、様々なデジタルデヴァイスがコンピューター制御によって臨機応変に活用される。

「ひとつひとつのデヴァイスは、どれも過去に使用したことがあるけど、これだけ多種多様なものを一緒に用いる複雑な作品は初めてです。ダンスや音楽に単に映像を連動させるのではなく、深みのあるストーリーのようなものが見えるトータルアートにしたい」と堀井。

音楽とダンスと映像。主従関係ではなく、三者対等の立場でおのおのが主役になったインタラクティヴアート。いうのは簡単だが、ハードルは高い。

「そう、なにか面白い人たちを合わせたから面白いものができるだろう、みたいになっちゃうのが一番怖いですよね。最初の3分は凄いけど、後はなるほどね、みたいな。3人が合わさろう、連動しようと意識するのではなく、各人が同じ方向に進みながら自分の表現を追求したら、結果的に新しいものができていた、というのがいい。単なる同期化じゃなくて。そこが、今回、刺激的アートになるかどうかの分岐点だと思っています」

中川のこの言葉は、3人の共通した思いだろう。果たして“現代音楽ヒットパレード”は、上野の森でどのように舞い、いかなるストーリーを語ってくれるだろうか。

ON-MYAKU 2016 -see/do/be tone-

日時:1月30日(土)19:00開演(18:30開場)
   1月31日(日)15:00開演(14:30開場)
曲目:スティーヴ・ライヒ『ピアノフェイズ』より、リュック・フェラーリ『小品コレクション、あるいは36の続き、ピアノとレコーダーのための』より、ヤコブTV『The Body of Your Dreams』、ヤニス・クセナキス『ヘルマ』ほか
出演:白井剛(振付・構成・ダンス)、中川賢一(音楽構成・ピアノ)
映像演出:堀井哲史(ライゾマティクス)
料金:S/一般4,500円(学生3,500円)、A/一般3,500円(学生2,500円)
問い合わせ:東京文化会館 事業企画課 tel.03-3828-2111

TAG

EventRhizomatiksWIRED JAPAN