25日、中国・重慶は温暖な都市として知られているが、猛烈な寒波により23日は20年ぶりとなる積雪を記録した。珍しい雪にはしゃぐ市民も少なくなかったが、違法行為で警察から注意を受ける人も見られた。

写真拡大

2016年1月25日、中国・重慶は温暖な都市として知られているが、猛烈な寒波により23日は20年ぶりとなる積雪を記録した。珍しい雪にはしゃぐ市民も少なくなかったが、違法行為で警察から注意を受ける人も見られた。重慶晩報が伝えた。

【その他の写真】

警察によると、23日、同市では車の屋根に雪だるまを乗せた車が多く見られ、日中だけでも136台が確認された。

屋根の上に乗せられた雪だるまは固定されておらず、雪が解け屋根から落ちると他の車当たり事故に発展しかねない。交通の違反行為だと警察は説明しているが、珍しい雪にはしゃぐ気持ちは理解できるため、運転手に雪だるまを撤去させた上で警告処分にとどめた。(翻訳・編集/内山)