タブレットとしても使えるハイパフォーマンスノート

写真拡大

日本マイクロソフトは、ノートパソコン(PC)「Surface Book(サーフェス・ブック)」を2016年2月4日に発売する。

キーボード部にGPU「NVIDIA GeForce」搭載モデルもラインアップ

ノートPCスタイルに加え、13.5型(3000×2000ドット)「PixelSense」ディスプレイ部を取り外して薄型タブレットとしても利用できる。バックライト付きキーボード、5点マルチタッチ対応のガラス製トラックパッド、最大12時間駆動可能なバッテリーなどを備え、筆圧レベル1024段階「Surfaceペン」が付属する。

OSは「Windows 10 Pro」(64bit)。インテル製第6世代CPU(プロセッサー)「Skylake」、容量128〜512GBストレージ(内蔵フラッシュメモリー)を搭載。キーボード部にGPU「NVIDIA GeForce」を装備するモデルも用意する。一般向けモデルはオフィスソフト「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」をプリインストール。

ラインアップは、CPU/メモリー/ストレージ容量に応じ、一般向けが価格(税別)20万4800円〜34万4800円まで4モデル、法人向けが17万1120円〜33万800円まで5モデル。カラーはシルバー。