住所を聞き違え救急隊の到着が14分遅れる 急病の男性が死亡

ざっくり言うと

  • 東京消防庁立川消防署の職員が、通報のあった住所を聞き間違えていたと判明
  • 救急隊の到着は約14分遅れ、急病人の男性はその後、死亡したという
  • 住所を2回聞く決まりのところを、1回しか聞いていなかったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング