美しいバストは女性の象徴でもあり、女性に生まれた以上は手に入れたいもののひとつ。身体にメスを入れずに大きくしたい! と願う乙女も少なくないのでは? 今回は誰もが目にしたことがある「バストアップサプリ」について調べてみました。

バストが大きくなるメカニズム

女性の胸(乳房)は10%の乳腺組織とそれを包む90%の脂肪でできています。ダイエットすると胸が小さくなるのはこの脂肪が少なくなってしまうから。そして乳房を支えているのがクーパー靭帯と大胸筋です。これらのどれかひとつでも足りないと、美しいバストはできません。バストを大きくするには、乳腺を刺激して発達させ、乳腺を守るための脂肪を増やす必要があります。乳腺に刺激を与える役目として、バストアップサプリが登場するのですね。

主な成分はプエラリアミリフィカ

生理前や排卵期に胸が張る人がいるように、バストと女性ホルモンには密接な関係があります。排卵前に分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、排卵後に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンは、乳腺を刺激したり脂肪を増やして女性らしい体型を作るために必要なホルモン。バストアップサプリに配合されている「プエラリアミリフィカ」は、この女性ホルモンに似た働きをしたり、女性ホルモンを活発にする効果があります。そのため、バストアップが期待できる豊胸サプリと言われているのです。

実際、バストは大きくなるのか?

女性ホルモンやその働きにも個人差があります。効果を感じられる人もいれば、あまり感じない人もいるというのが実状。ただし純度の高いプエラリアミリフィカを一定期間使用した人の多くが「肌がきれいになった」「胸の張りが感じられた」と報告しています。プエラリアミリフィカはタイやミャンマーなどに自生していますが、純正のものは入手しにくく高価なため、数多く出回っているプエラリアサプリの約半数が偽物か著しく純度の低い材料を使っていると国民生活センターでも注意喚起しています。純度の高いプエラリアミリフィカを最低でも1カ月以上使用し、食生活や睡眠、運動にも気を配ればサイズアップも夢ではないようですね。

ただしプエラリアミリフィカを摂り過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れて不正出血や生理不順などの体調不良を起こすことがあると報告されています。1日の摂取量は200〜400mgが上限と言われているので注意しましょう。


writer:しゃけごはん