「フラッシュタンク式」を壁掛タイプに初めて採用!(写真は、品番「UAXC3CSN#NW1」。28万3000円、税別、ウォシュレット、専用ライニングは別売)。

写真拡大

TOTOは、タンク式とフラッシュバルブ式の長所を兼ね備えた、独自の新洗浄システム「フラッシュタンク式」を壁掛タイプに初めて採用した「壁掛大便器セット・フラッシュタンク式」を、2016年2月1日に発売する。

「フラッシュタンク式」は、タンク式と同じ口径15Aの細い給水管でフラッシュバルブ式(給水口径25A)と同等の連続洗浄が可能な新洗浄システム。給水配管と建物の給水ポンプのサイズダウンが可能となり、配管改修の場合、建物の省資材化に役立つほか、施工も簡単にできる。

壁掛タイプは、便器背後のライニング内にフラッシュタンクなどの器具類が納まり、給水ホースなどが露出しないため、掃除がしやすく、いたずら防止にもなる。また、便器が床面から離れているためモップがかけやすく、便器はサイドカバー付きで凹凸がないためふき掃除もしやすい。

サイズは従来の壁掛タイプと比べて、奥行きが40ミリメートル、ライニング高さが100ミリメートル、コンパクトになった。また、掃除口付きタイプでも側面の壁までの最小寸法が125ミリメートル小ぶりになり、狭い間口にも設置できる。

便器正面からアプローチする新開発の掃除口は、ラクな姿勢で大便器内部の詰まりを解消でき、メンテナンス性が高い。また、シール材を使わない「可動式排水スリップイン」接続方式を採用。大便器を排水ソケットに差し込むだけで施工が簡単、確実に行える。

トルネード水流による洗浄水量は大6リットル(小5リットル)で、従来形のフラッシュバルブ式便器(13リットル)と比べて約59%も節水できるほか、水道水・再生水での使用に、共通仕様で対応できる。

希望小売価格は、掃除口なしが28万3000〜30万2000円、掃除口ありが30万5000〜32万4000円(いずれも、税別)。なお、壁掛大便器セットには便器洗浄リモコンが別途必要。また、点検口付きのライニングを現場で手配する必要がある。