画像

写真拡大

 メルセデス・ベンツ日本とカルチュア・コンビニエンス・クラブは、共通ポイントサービス「Tポイント」の導入において、基本契約を締結した。今後はメルセデス・ベンツのオーナー向けオリジナルデザインのTカード発行などの取り組みを検討していく。

 メルセデス・ベンツ日本(以下、MBJ)とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、共通ポイントサービス「Tポイント」の導入において、基本契約を締結した。今回の提携では、2011年に開設したブランド情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」など新たな顧客接点づくりに取り組むMBJと「Tポイント」を核としたデータベースマーケティングに取り組むCCC、それぞれが持つリソースを活用し新たなライフスタイルの提案を実現するのが狙いだ。

 両社は今後、メルセデス・ベンツのオーナー向けオリジナルデザインのTカード発行や、「メルセデス・ベンツ コネクション」などMBJが提供する顧客接点におけるTポイントサービス導入など具体的な取り組みについて協議、検討していく。

MarkeZine編集部[著]