23日、台湾の女性歌手エルバ・シャオが、シンガポール籍の富豪御曹司とすでに破局したことを初めて認めた。写真はエルバ・シャオ。

写真拡大

2016年1月23日、台湾の女性歌手エルバ・シャオ(蕭亞軒)が、シンガポール籍の富豪御曹司とすでに破局したことを初めて認めた。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

「恋多き女」として知られるエルバが富豪御曹司のElroy(石正祥)さんとの交際が報じられたのは2014年夏のこと。Elroyさんは、人気ユニットF4出身のヴァネス・ウー(呉建豪)の夫人、アリッサ(石貞善)さんの実弟。2人は姉夫婦の結婚式で知り合ったとされる。なお、エルバ・シャオはElroyさんの前に、台湾の俳優で12歳年下のコー・チェントン(柯震東)と交際しており、破局後すぐにElroyさんが登場したことで世間を驚かせた。

昨年7月には、Elroyさんとの破局が報じられていた。23日、エルバ・シャオが台湾メディアに対し、この破局を初めて認めた。エルバの関係者によると、一度は復縁したが再び破局し、すでに半年が経つという。

100億台湾ドル(約350億円)の資産があるとされるElroyさんだけに、ネット上は「惜しい」「逃した魚は大きい」の声が上がっている。また、常に恋人がいるエルバが「独り身には耐えられないだろう」として、次のターゲットは誰になるのかも注目されている。(翻訳・編集/Mathilda)