ビジネスシーンにも着用できる本格的ダイバーズウオッチ

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都港区)は、ダイビングやトレッキングなどのアウトドアシーンに対応する本格的な機能を装備したスポーツウオッチブランド「セイコー プロスペックス」から新シリーズ「TRANSOCEAN(トランスオーシャン)」を2016年1月29日に発売する。

「セイコー プロスペックス」は、1965年に国産初のダイバーズウオッチを発売したことで、世界中のダイバーから絶大な支持を得ているという。

新シリーズは都会的なデザインで、ビジネスシーンにもマッチする本格ダイバーズウオッチ。水中で活動するダイバーのため、苛酷な環境の下でも正確に時を刻み続けるよう、表面硬度をアップさせた耐食性に優れたケースとバンド、視認性を考え無反射コーティングを施した2.8ミリ厚のサファイアガラス、200メートル空気潜水用防水などを装備している。

回転ベゼルは装着時にぶつけやすいため、傷つきにくいセラミックスを採用。高級感のある金属製のアワーマーク(時目盛り)を配することで、都会的でスタイリッシュな表情になった。

シリーズのデビューを記念し、アタッシェケースの老舗「ゼロハリバートン」とのコラボレーション限定モデル2機種(各500本限定)と、レギュラーモデル3機種をラインアップした。

限定モデルは14万円(税別)、レギュラーモデルは13万円(同)