22日、中国日報は公式SNSアカウントで「来月には日本でサクラが見られる!」との書き込みを発表した。今年の旧正月休暇に海外旅行をする中国人観光客は昨年から倍増する見通しだ。しかもその90%は日本、韓国を旅行先に選んでいるという。写真は沖縄の桜。

写真拡大

2016年1月22日、中国日報は公式SNSアカウントで「来月には日本でサクラが見られる!」との書き込みを発表した。

2月8日は旧正月。長期休暇を利用して海外旅行をする人は少なくない。旅行サイト・携程網の統計によると、今年の旧正月休暇に海外旅行をする中国人観光客は昨年から倍増する見通しだ。しかもその90%は日本、韓国を旅行先に選んでいるという。

さまざまな見どころがある日本だが、沖縄ならば2月上旬でもサクラが見られると中国日報は紹介している。花見旅行ならば3月、4月がシーズンと思われているが、旧正月にサクラを楽しむのもオススメプランだという。(翻訳・編集/増田聡太郎)