レーティング:ユベントス 1-0 ローマ《セリエA》

写真拡大

▽24日にユベントス・スタジアムで行われたセリエA第21節のユベントスvsローマは、ホームのユベントスが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ユベントス採点

GK

1 ブッフォン 5.5

フロレンツィのミドルシュート以外、守備機会がなかった

DF

15 バルザーリ 6.0

危なげない守備を続け、機を見た攻撃参加からチャンスを演出

19 ボヌッチ 6.0

ゼコを徹底的に潰し、正確なロングフィードで攻撃の起点にもなった

3 キエッリーニ 6.0

巧みな対応でマークする相手に仕事をさせず

MF

26 リヒトシュタイナー 5.5

攻撃時にスペースがないため、効果的なプレーはあまりできなかった

(→クアドラード 6.0)

幅広く動いて攻撃に幅を作った

6 ケディラ 6.0

絶妙なポジション取りでボールに関与するプレーが光る

8 マルキジオ 6.0

プレッシャーなくボールを受け、的確に配球した

10 ポグバ 6.5

抜群のキープ力で相手を寄せ付けず、ディバラの決勝弾をアシスト

33 エブラ 6.5

攻守両面で安定したパフォーマンスを披露。決勝点も自身のボール奪取から

FW

21 ディバラ 7.0

中盤と最終ラインの間でボールを頻繁に受けて攻撃にリズムをもたらし、最後に決勝点を奪って勝利に導いた

(→モラタ -)

17 マンジュキッチ 6.0

相手DFとやり合いながら、前線で起点となった。前からのチェイシングでも貢献

監督

アッレグリ 6.5

クアドラードの投入で勝負を仕掛け、見事に勝ち切って11連勝

▽ローマ採点

GK

25 シュチェスニー 5.5

ビルドアップでは無理につながずセーフティーに処理。ピンチも防いでいた

DF

44 マノラス 5.5

ビルドアップ時に安易なミスが目立つも、要所を締めていた

16 デ・ロッシ 5.5

マンジュキッチと駆け引きしながら相手の攻撃を跳ね返していた

2 リュディガー 5.0

後手に回りながらも凌いでいたが、最後は勢いそのままにディバラに対応しきれなかった

MF

24 フロレンツィ 5.0

守備での雑な対応が目立ち、決勝点も自身の安易なボールロストから

(→トロシディス -)

21 ヴァンクール 5.0

ポジションを埋めるが、相手を捕まえきれない場面が多かった

(→ケイタ 5.5)

うまく試合に入り、フィードでチャンスも演出

15 ピャニッチ 5.0

配球役に徹したが、得意ではない守備の散漫さが目に付いた

3 ディーニュ 5.5

自サイドで頻繁にアップダウンを繰り返し、攻守に奮闘していた

11 サラー 5.0

うまく間合いを詰められてボールロストが散見。ほとんど攻撃で恐さを発揮できなかった

(→サディク -)

4 ナインゴラン 6.0

豊富な運動量で中盤を助け、一人気を吐いた

FW

9 ゼコ 5.0

前線でボールを収められず、劣勢のチームを押し上げることができなかった

監督

スパレッティ 5.0

中盤の構成力で負け続けた。ウディネーゼ指揮時から一度も勝てていないユベントスにまたも屈する

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ディバラ(ユベントス)

▽今季12ゴール目を記録し、テベスを超える活躍を続けるディバラを選出。最後に決勝点を挙げてチームを11連勝に導いた。

ユベントス 1-0 ローマ

【ユベントス】

ディバラ(後32)