23日、参考消息網は、北朝鮮から韓国に逃れた脱北者が、韓国の「底辺」の生活になじめていないと報じた。

写真拡大

2016年1月23日、参考消息網は、北朝鮮から韓国に逃れた脱北者が、韓国の「底辺」の生活になじめずにいると報じた。

統計によると、韓国では脱北者の自殺率が毎年15%に上っており、韓国の自殺率の3倍以上になっている。この原因ついて英BBCは、故郷から離れて生活していることと、韓国から流れてきたドラマと現実とのギャップに直面することだと指摘している。

15年前に脱北した金松日さんは、これまでに7回事業に失敗した。北朝鮮にいたころには兵を指揮する立場だった金さんは、資本主義社会で人に雇われることに慣れなかった。金さんは「3回は自殺をしようと思ったことがある。そのたびに、『命の危険を冒してまでここにきたんだ』と、自分に言い聞かせるしかなかった」と話す。

また、4年前に脱北して韓国にやってきた金潤喜さんは、昨年、記者会見の席上で涙を流して「北朝鮮に帰りたい」と語った。彼女は、「自由やその他の誘惑は、私にとって家族や故郷よりも重要ではない」と話している。

韓国では脱北者に3カ月間、韓国での生活に慣れるための“訓練”が施されるが、コーヒーの入れ方といった簡単な技能しか習得できない。しかし、こうした誰もができる仕事以外の就職の機会がないことが、脱北者の不満の一因となっている。

ある調査では、50%の脱北者が北朝鮮にいたときの自らの地位を「上流階級」あるいは「中流階級」であると回答しているが、そのうちの73%が「韓国では下流階級に位置している」と回答している。専門家は、「例えば北朝鮮で医師をしていた人が、韓国では医療行為が行えない。問題は、北朝鮮で習得した技能が韓国では通用しないことだ」と指摘している。(翻訳・編集/北田)