23日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「中国政府系サイト、中越紛争海域での探査プラットフォーム設置の通達を削除」を掲載した。ベトナム政府の抗議後、通達は削除された。資料写真。

写真拡大

2016年1月23日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「中国政府系サイト、中越紛争海域での探査プラットフォーム設置の通達を削除」を掲載した。

中国海事局は海南省南部での深水域探査プラットフォーム設置を発表した。ベトナム側発表では中越領海基線から東に約21カイリ移動した地点にプラットフォームは移動していたという。中国とベトナムの大陸棚が重複する地域だけに海底資源の帰属についてはいまだ定まっていないとベトナムは主張している。

ベトナムは20日、プラットフォーム設置は国連海洋法違反として中国に抗議していた。抗議から2日後の20日、中国海事局の公式サイトから通達は削除されている。南シナ海をめぐり中越は対立している。14年にはプラットフォーム設置をきっかけとしてベトナムで大規模な反中デモが展開された。(翻訳・編集/増田聡太郎)