【特集】フットサル日本代表FP星「NBAのレブロン・ジェームズのような選手に憧れています」《フットサル日本代表総力特集》

写真拡大

▽2月9日、サッカーのアジアカップに当たる大会である、AFCフットサル選手権がウズベキスタンで開幕する。フットサル日本代表は、3連覇の期待がかかるだけでなく、2016年にコロンビアで開催されるフットサル・ワールドカップの出場権獲得という重要な目標を持っている。

▽そこで今回、Fリーグのバルドラール浦安に所属し、フットサル日本代表のキャプテンを務めるFP星翔太選手にインタビューを実施。最終回はフットサル選手星翔太の日常を語ってもらった。――Fリーグでは、まだまだ仕事をされながらプレーされている選手もいます。星選手は日頃何かお仕事をされていますか

「チームの若い選手たちにも、最も謎な選手だと言われています(笑)」

――具体的な活動は何かなされていますか

「JFAで行われている夢先生などもやっています。自分としては“星塾”という活動をしています。自分はフットサル選手ですが、フットサルに限らずに運動できるようになってもらいたいなと。“星塾”では社会人の方などにも参加してもらって、姿勢をきれいにして帰ってもらいたいという感じです(笑)」

「例えば、ご飯を食べに行った時に姿勢がきれいな人の方がかっこいいですよね(笑)なんとなくそういう思いがあると思います。そのためには正しい体の使い方にならなければいけません。無理して伸ばせば腰を痛めますからね。そうやって参加してくれた大人の方たちに支えてもらって、次はジュニアのカテゴリーでもやっていきたいと思います」

――シーズン中のローテーションはいかがですか

「試合が土曜日だとすると、チーム練習は月曜から木曜ですね。僕らは夜に練習しているので、金曜は翌日が試合ならばオフですね。土曜に試合が終われば日曜はオフで、月曜にケアなどを行います。火曜も練習して水曜は個人的にウェイトトレーニングしてチームでの練習もします。木曜もチーム練習に参加して土曜の試合に臨みます」(c) CWS Brains、 LTD.――ご多忙なようですが、趣味などは

「趣味は子供と遊ぶことです。今は4歳で外に遊びに行っています。疲れている時もあるので、子供とじゃれ合う、触れ合うだけでも大事ですね。あとは、車で移動することが多いので、音楽をよく聴いています。最近はラジオを聴いています。読書もしますね。自分が本を読みたいと思ったタイミングで一気に読んでしまいます」

――サッカーチームで好きなチームなどありますか

「バルサは見ていますね。逆に高校サッカーなどはあまり見ていないですね。素で観られる試合が良いのかなと。解説でスペイン語や英語など、直接理解しにくい中で試合を見るのが好きですね。解説を聞き流しながら集中して観られます。なので海外は見ていますね。バルサやアトレティコが好きです」

――バルサとアトレティコでは随分とチームスタイルが違いますが

「そうですね、全然違います。バルサとアトレティコは、それぞれ形は違いますが1つの集団として完成しています。レアルはその2チームとは全く別です。彼らは個が合体して、空間の中に強烈な個が存在しているイメージ。バルサやアトレティコは、表現が難しいですが、全てがくっついているイメージです」

「それぞれのフットボール感は違いますが、アトレティコの姿勢、守備面やハードワークする姿勢が好きです」

「逆にバルサは戦術面、どうやればディフェンスラインが歪むのか。逆サイドでの駆け引きなど、それぞれを違う局面で見ることができます。取り立てて毎試合見ているわけではないですが、この2チームを一番見ていますね。Jリーグだとタイトルがかかっている試合などは見ています」

――最後に、星選手自身のプレーで、ここを見てもらいたいなどのポイントはありますか

「大袈裟に言えば、僕はNBAのレブロン・ジェームズのような選手に憧れています。見せ場を作れる選手でありたいと。怖がられる選手、存在でいたいですね。ディフェンスの時の表情、相手と向かい合っている時の表情、プレーではゴールに背中向きでボールを持っている時など、そういう何か行動を起こす瞬間を注目してもらいたいですね。そこを見てもらえれば、皆さんに何かの新しい感情が残るかなと思っています」

バックナンバー星「目標の40ゴールは自分自身の能力を試す意味も」
滝田「サッカーとフットサルでは違うが、2列目から1列目へのようなイメージ」
星「代表で経験したものを信じることができれば必ず結果が出る」
滝田「代表戦やJリーグを見ていると、森岡選手は別格なんだなと」