23日、台湾の俳優チャン・グオチューとチャン・チェン親子が、初共演作となった映画「クーリンジエ少年殺人事件」について語った。

写真拡大

2016年1月23日、台湾の俳優チャン・グオチュー(張国柱)とチャン・チェン(張震)親子が、初共演作となった映画「クーリンジエ少年殺人事件」について語った。新浪が伝えた。

【その他の写真】

故エドワード・ヤン(楊徳昌)監督による「クーリンジエ少年殺人事件」が1991年に公開されてから、今年で25周年を迎え、香港浸会大学で座談会を開催。この映画は61年に台湾で実際に起こった少年による殺人事件を描いたもの。座談会には主人公の少年とその父親を演じた俳優親子、チャン・グオチューとチャン・チェンがそろって出席した。

実際の親子が父子役を演じるという、それだけでも2人にとっては思い出深い「クーリンジエ少年殺人事件」だが、それまで子役として数本の映画に出演していたチャン・チェンにとっては、初の主演映画。さらにチャン・グオチューにとっても、初めて「よい映画に出演した」と思える映画だったと言い、決して忘れることのできない作品だと語っている。

撮影当時13歳だったチャン・チェンだが、現場ではユー・ウェイイエン(余為彦)プロデューサーやスタッフがあまりにも恐ろしく、「僕にとっては決していい思い出じゃない」と笑顔で語っている。また、当時は父親に「だまされて」映画に出演したことを明かした。

再びの親子共演が期待されているが、チャン・グオチューは「近い将来、実現できればいいなと思う」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)