土田晃之 ベッキーのLINE流出に「もう救えねぇ」「フォローできねぇ」

写真拡大

24日放送のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之がベッキーの相次ぐLINE流出に「もう救えねぇ」と匙を投げるコメントをした。

番組では、「今週のニュースのへそ」コーナーで、ベッキーの不倫騒動について、21日発売の「週刊文春」(文藝春秋刊)が再度取りあげた件を扱った。

ベッキーは、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」ヴォーカル・川谷絵音(かわたに・えのん)との不倫疑惑を7日の会見で否定している。しかし21日の同誌は、ふたりが会見前日にLINE上で「センテンススプリング」(=文春)、「ありがとう文春!」などとやり取りしていたことを新たに報じ、大きな話題になっているのだ。

土田は、今回新たに明らかになったことについて「なんで、またLINEでやり取りしてんだ」と疑問を投げかけた。そして仮に掲載されたやり取りが本物だとしたらと断った上で、「もう救えねぇっすわってね。もうフォローできねぇっすわっていう」「だって、あれが本当だとするなら、会見も全部ウソだったみたいになっちゃうから」と批判したのだ。

そんな土田だが、ベッキーがLINEのやり取りで使っていたとされる「センテンス スプリング」という表現については、「これ絶対言いたくなるもんね」とそのインパクトの大きさを認める。

土田によると、前日に「欅って、書けない?」の収録で、欅坂46のあるメンバーが「卒論」と言い出す場面があったという。これに、ハライチの澤部佑が「そのところのくだりは使えねぇよ!」と返していたらしいが、土田も「『文春さん、ありがとう!』」と言ってしまったとか。

土田は「なかなかのニュースっすね」「(ベッキーの釈明)会見が、(LINEの)やり取りが本当ならば、裏目に出てる」とベッキーの逆境を指摘し、話題を締めくくっていた。

【関連記事】
田村淳が疑惑のベッキーに謝罪要求か「辛い思いをした奥さんには謝るべき」
笠井信輔アナウンサーがLINE流出のベッキーに助言「偽造なら今すぐ表明を」
矢作兼がベッキーの「センテンス スプリング」にダメ出し「ダサすぎる」