プーチン大統領がレーニン批判「ソ連崩壊させた」 賛否両論の波紋

ざっくり言うと

  • プーチン大統領が21日、ロシア革命の指導者レーニンを批判した
  • 「彼の思想がソ連を崩壊させた」と述べ、賛否両論の波紋が広がっている
  • 大統領府は国民の分裂を招く事態を懸念し、火消しに躍起になっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング