23日、網易体育は、中国のバラエティー番組に出演したサッカー界のスーパースター・FCバルセロナ所属のアルゼンチン代表リオネル・メッシが、中国の若手選手に握手を拒否されたと伝えた。写真はメッシ。

写真拡大

2016年1月23日、網易体育は、中国のバラエティー番組に出演したサッカー界のスーパースター・FCバルセロナ所属のアルゼンチン代表リオネル・メッシが、中国の若手選手に握手を拒否されたと伝えた。

記事によると、番組の企画で、あるクラブのロッカールームをサプライズで訪れたメッシは、自らその場にいた高校生ほどの選手たちに握手を求めて回ったが、選手らはベンチから立ち上がろうともしなかった。さらには、「メッシとの握手を拒否する選手もいた」という。

ネット上にアップロードされた動画では、メッシの握手を拒否しているシーンははっきりとは確認できないが、おそらく日本であればもみくちゃにされてもおかしくないような状況にもかかわらず、選手たちは椅子にもたれたり、ポケットに手を突っ込んだりした状態で、表情すら崩さない。

記事は、「この状況にメッシも気まずかっただろうが、やはり非常に紳士的に対応した」とし、ネットユーザーから「スーパースターがわざわざ握手を求めてきてるのに立ち上がりもしない。基本的な礼儀も知らないのか?中国人の恥さらし」「君たちが担う未来の中国サッカーはもう終わりだ!かわいそうなメッシ」といった批判の声が上がっていることを紹介している。(翻訳・編集/北田)