心房細動が見つかった人で、「高血圧」、「糖尿病」、「75歳以上」、「うっ血性脳虚血発作(TIA)の既往」のうち、2つ以上当てはまる場合は、さらに脳梗塞のリスクが高まるため、積極的な予防をする必要があるという。
 「心房細動は不整脈の一種で、日本人の患者数は約80万人。頻脈、動悸、胸部の違和感などが、その症状とされます。一般的な治療は、抗不整脈薬と抗凝固薬による薬物治療ですが、不十分な場合は、脚の付け根や首の太い血管からカテーテルを通し、不整脈の原因となっている信号伝達の異常な部分を焼灼する『カテーテルアブレーション』を行います」(同)

 しかし、この方法は優れた治療法には違いないが、再発することも多く、完全に心房細動を止めることは難しいという。さらに脳梗塞の予防治療にもならないため、結局はワーファリンなどによる抗凝固薬治療が必要となる。
 従来から広く使用されているワーファリンだが、服用している間は、納豆や海藻類といったビタミンKを多く含むものは食べられない。効果が半減してしまうためだ。
 「また、血液を固まりにくくするための抗凝固薬の服用は、出血しやすくなることもあることから、危険を孕んでいることも確かです。そのため、ワーファリンの服用にあたっては、1〜2カ月に一度は血液検査を受け、量を調整する必要があるなど、使いにくい面もあります」(専門医)

 最近では、こうしたワーファリンの欠点を解消した新薬が3種類登場している。これらは食べ物に制限がなく、定期的な血液検査も必要ない。効き目もワーファリンと同等以上で、副作用の脳出血もワーファリンより少ないという試験結果が出ている。
 ただし、デメリットもあるという。新薬の値段はワーファリンの20倍以上。加えて、ワーファリンは効き始めが遅いものの、飲み忘れてもしばらくは効果が続くのに対し、新薬は止めると24時間で効き目がなくなってしまうのだ。

 また、専門医が注意を促すのは、服用する期間について。
 「抗凝固薬を服用し始めても、1年間に3〜5割の人が飲むのを勝手にやめてしまう。続けられないのは二つのハードルがあるためで、まず患者からの訴えがない病のために医師も軽視しがちになってしまう点。もう一つは、患者側も薬の効果を実感することが難しいこと。高血圧などは自分で数値を測れるため飲み続ける動機がありますが、心房細動の場合は高齢で発症するとあまり症状が出ず、薬を飲まずに放置しまう。結果、取り返しのつかないことになるケースが多々あるのです」

 前出の大塚氏も言う。
 「心房細動から脳梗塞になると、本当に重篤なケースに陥ってしまう。まずは病院に行き、検査を受けることが大事。我々も日常生活で薬を飲み続けることがいかに大切かを説明していきたいと思っています」

 脳梗塞の約30%が心房細動によるものとされ、その心房細動は70歳代の5%、80歳代の10%の割合で患う、比較的起こりやすい不整脈だ。大事に至らぬ前に治癒を心掛けよう。