Googleは1月22日(米国時間)、「Google ドライブ API がアップデート:より無駄なく高速に - Google Developers Japan」において、GoogleドライブAPIのバージョン3が、バージョン2よりも優れた性能を実現したこと、また扱いやすさが向上したことを伝えた。GoogleはこれまでデベロッパーがどのようにこのAPIを使ってきたかを調査してきたことを踏まえ、よりデベロッパーに扱いやすいAPIになるようさまざまな変更を実施したと説明している。

・デベロッパーが理解する必要があるコレクションの数を減少させた
・重複している部分を排除
・メソッド名やプロパティ名などに一貫性が出るように変更
・高速および効率的に処理できる値をデフォルト値として採用

バージョン2からバージョン3では扱いやすさが向上したほか、デフォルト値の変更で性能も向上している。Googleは今後のリリースでは機能の追加が中心的に行われることになるだろうと説明している。GoogleドライブAPIのバージョン2のサポートは継続されるとのことだが、バージョン2を使って開発したアプリは将来的な移行を考慮し、バージョン3への移行を検討したほうがよいだろう。

(後藤大地)