恋人と付き合うということは、非常に複雑なものです。これまでは、相手が自分に何を求めているのか知ることが重要とされてきました。しかし、実は、まったく逆だということがわかったのです。調査結果によると、相手の絶対許せないところは、好きなところよりもずっと重要なのだそうです。米紙『Wall Street Journal』がそれらのデータをまとめ、1つのリストを作りました。

『Wall Street Journal』が多くの調査結果から、男性と女性ともに、相手のもっとも許せないところをまとめました。調査によると、私たちは相手の好きなところよりも許せないところの方を重視するようです。つまり、あなたになにかしらのネガティブな側面があれば、いくらすてきな笑顔で笑っても、それを埋め合わせるのは難しいということなのです。

今回の調査結果のトップはかなり予想通りで、だらしがない、やる気がない、貧乏など、いつの時代でも言われるものが挙げられています。また、ほかの項目として、頑固すぎる、静かすぎる、ゲームばかりやっている、なども挙げられました。そして、おしゃべりすぎるというのも、時にはあまり良く思われないようです。


調査結果

恋愛対象にならない人男性と女性から見た、パートナーとしての欠格事由だらしがない怠け者お金が無さすぎるユーモアのセンスがない住んでいる場所が遠すぎるセックスが下手自分に自信がないゲームばかりやっている性欲があまりない頑固しゃべりすぎる静かすぎる

もちろんこの結果は、絶対的な真理というわけではありませんし、もっと許せない部分はたくさんあるでしょう。しかし、他人と付き合うにあたり、多くの人がしてほしくないと思っていることを知っておくと、何かの役に立つでしょう。ともかく、これまでに自分の短所について考えたことがないなら、そろそろリストにまとめるべきかもしれません。


For Better Relationships, Know Your Deal Breakers|The Wall Street Journal

Thorin Klosowski(原文/訳:コニャック)