中国メディアは、米誌USニューズ&ワールド・レポートが「世界最高の国」ランキングを発表したと伝えた。ドイツ1位、日本7位、中国17位、韓国19位などで、これに日中両国のネットユーザーは、さまざまな声を寄せている。写真は渋谷。

写真拡大

2016年1月23日、ドイツが1位で、日本7位、中国17位、韓国19位。中国・参考消息網はこのほど、台湾・中央社の報道を引用し、米誌USニューズ&ワールド・レポートが発表した「世界最高の国」ランキングを伝えた。これに中国のネットユーザーは「本当はもっと下では」などと反応。日本のネットユーザーは、ランキングそのものに首をかしげている。

調査対象は60カ国。世界の約1万6000人の各国に対する意見をまとめたもので、質問事項は企業精神や企業に対する市場開放度、生活の質、文化の影響力、消費者1人当たりの購買力、国内総生産(GDP)見通しなど広範囲にわたった。

1位は経済の勢いや世界に対する影響力が評価されたドイツ、2位以下はカナダ、英国、米国、スウェーデンと続き、日本はアジアトップの7位になった。中国はキャリア形成で最高の評価を獲得したが、総合では17位。韓国は企業精神などで評価が高かったものの、19位だった。

この結果について、中国のネットユーザーからは「中国が1位の間違いではないか?」「いずれ中国がトップになる」という意見が出る一方、「役人の汚職に物価の値上がり、医療に教育問題…本当はもっと下の順位ではないか」「キャリア形成って聞こえはいいけど、稼ぐスリリングさを味わえる国っていうことだろ」「汚職や食品安全問題が評価の基準にならなかったからだろうか」などの書き込みも相次いだ。

日本のネットユーザーは「 だから何って感じのランキングだな」「こんな比較、意味があるのか?要は国民が幸せかどうかの問題だと思うが」「日本しか知らないけれど、とりたてて不満はありません。これを知ったところで、よし!移住しようとも思いません」などとコメント。

その上で、「ドイツが1位ねぇ。VW問題で基幹産業に黄信号がともってるし、難民問題でドイツ政府自体の統治能力に疑問符が付くしで、とても最高とはいえないんじゃないの?」「芸能人の解散問題で大騒ぎできる日本は平和だよ。水爆、難民、テロ、戦争の危機の中、平和ボケなら世界一だよ」などと言及している。(編集/大隅)