レーティング:ボルシアMG 1-3 ドルトムント《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽ブンデスリーガ第18節ボルシアMGvsドルトムントが23日にボルシア・パルクで行われ、1-3でドルトムントが勝利した。ドルトムントの香川はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

▽ボルシアMG採点

GK

1 ゾンマー 5.0

特別好守なく3失点

DF

27 コルブ 5.0

対面のムヒタリャンの神出鬼没な動きを制限できず

(→ドルミッチ -)

3 A・クリステンセン 5.5

セットプレーでゴールに迫ったが、守備面ではエルベディと呼吸が合わない場面も

30 エルベディ 5.0

ロイスに背後を取られて失点に関与

(→ヒンテレッガー -)

17 ヴェント 5.0

前半に決定的なシュートを放つ。ロイスに対応できず

MF

16 トラオレ 5.5

カットインからの仕掛けでゴールに絡んだ

6 ノルトベイト 5.0

守備に追われた

8 ダフード 5.5

後半に存在感を増していった

(→J・ホフマン -)

19 ジョンソン 5.0

攻撃面で違いを生めず

FW

13 シュティンドル 5.0

1アシストもなかなかボールに絡めず

11 ラファエウ 6.0

さすがのボールスキルで違いを生む

監督

シューベルト 5.5

互角に渡り合う時間もあったが、地力の差で敗戦

▽ドルトムント採点

GK

38 ビュルキ 6.0

後半開始早々のピンチを防ぐ

DF

26 ピシュチェク 6.0

対面のジョンソンを消しつつ、攻撃にも関与

25 パパスタソプーロス 6.0

フンメルスと共にソリッドにプレー

15 フンメルス 6.0

身体を張ったプレーを続けた

3 パク・チュホ 5.5

タイミング良く攻撃に絡んだが、中途半端な対応でラファエウのゴールを許す

MF

11 ロイス 6.5

ケガ明けながら多くのチャンスに絡んで1ゴール1アシスト

(→ドゥルム -)

8 ギュンドアン 6.5

精度の高いパスとシュートへの積極性を見せ、攻撃をけん引。勝負を決定付ける3点目を奪取

33 ヴァイグル 5.5

バイタルエリアをケアすることに腐心

27 カストロ 5.5

攻守にさほど目立たず

(→ギンター -)

10 ムヒタリャン 6.5

タイミング良くゴール前へ絡んでいった。1ゴール1アシスト

FW

17 オーバメヤン 5.5

多くのシュートシーンに顔を出していたが、フィニッシュが当たっていなかった

(→アドリアン・ラモス -)

監督

トゥヘル 6.5

復調したボルシアMGを退け、シーズンダブル

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ロイス(ドルトムント)

▽ムヒタリャンと共に1ゴール1アシストの活躍。復帰初戦で本来の高パフォーマンスを発揮した。

ボルシアMG 1-3 ドルトムント

【ボルシアMG】

ラファエウ(後13)

【ドルトムント】

ロイス(前41)

ムヒタリャン(後5)

ギュンドアン(後30)