福島県の小中学校で食中毒 消費期限を5ヶ月近く過ぎた食材を使用

ざっくり言うと

  • 福島県下郷町の小中学校で児童や生徒などが食中毒になっていたと分かった
  • 給食の材料であるサンマのすり身が消費期限を5ヶ月近く過ぎていたと判明
  • 納品した業者は「凍らせれば消費期限が伸びると思った」などと話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング