クリームを塗る前にしておくこととは?冬のカサつき肌を防ぐハンドケア方法

写真拡大

 冬は肌を出す機会が少なくなる時期ですね。そこで、デートでほかの女性に差をつけるには冬でも肌が出ている“手”のケアが欠かせません。手がキレイな人が好きという男性は意外と多く、雑誌などでの「男性が好きな女性パーツランキング」でも上位にランクインしていることが多いんです。

 また、医療法人社団シロノクリニックが40〜60代の女性を対象に「パーツケア」に関するアンケート調査を実施した結果、「年齢が出やすい部位は?」と質問してみると、30%以上が「手」と答えています。

 つまり、“手”は男性にチェックされているパーツであり、また年齢が出やすい箇所ということになりますね。

 では、ケアの方法ですが、こまめにハンドクリームを塗ってあげるのはもちろん、実は化粧水をつけてからハンドクリームを塗るとフェイスケアと同じようにしっとりした肌質を作る事が出来るんです。

 また、手には皮脂腺がなく、油分を保っていることができません。そこで洗い物をする際も手袋をしたり、手を洗う際も低温のお湯で洗うようにしてください。

 また、大事なデート前や手荒れがひどい時には、お風呂上がりに保湿クリームを塗り、薄手のゴム手袋をはめてそのまま朝まで寝ることをオススメします。ラップ効果で手がしっとり、白魚のような手を手に入れることができますよ。

 ハンド美人になれば、デートで手をつなぐのが今まで以上に楽しくなるかもしれませんね。