グランプリに輝いた北陸自動車道 有磯海SA(下り線)の「越中とやま 食の玉手箱 “旅のしおりに想いを込めて” 」 (3,200円)

写真拡大

東日本、中日本、西日本高速道路株式会社および各商業施設運営会社は、1月23日、豊島区南池袋の武蔵野調理師専門学校にて、高速道路No.1グルメを決定する「SA・PA メニューコンテスト全国大会」を開催。北陸自動車道 有磯海SA(下り線)の「越中とやま 食の玉手箱 “旅のしおりに想いを込めて”」(3,200円)が、見事グランプリの栄冠に輝いた。

【写真を見る】審査委員長の陳健一氏からグランプリの表彰状を手渡される畑料理長

このイベントは、NEXCO各社創立10周年を記念したもので、今回が初の開催。「地元の食材を使用し、地域の食文化や魅力があふれるメニュー」をテーマに、全国のサービスエリア、パーキングエリアのレストランなど158店舗が参加。当日は、予選会等を勝ち抜いた12店舗が会場で腕を振るった。

当日は、四川飯店のオーナーシェフで、テレビ番組「料理の鉄人」でも活躍した、陳建一氏を審査委員長とする6名が、厳正に審査。試食前、調理場に訪れた陳氏は、調理人に「この盛り付けは凄いね、楽しみにしているよ」と声をかけ、試食時も「この内容で、この値段? 原価割れしないの?」とプレゼンターに質問していた。

参加者の1人は「試食審査時は、本当に緊張しました。でも、美味しいものを作り、提供できた自信はあります。絶対勝ちたいです」と意気込みを話した。

見事グランプリを受賞した有磯海SA(下り線)の畑料理長は、「早く仲間達に、グランプリを獲得した事を伝えたい。これからも高速道路の料理を、盛り上げていきます。次回は、もっと凄い料理を作ります!」と喜びと次回への意気込みを語った。

なお、準グランプリには、山陽自動車道 下松SA(上り線)の「〜やまぐち 味百景〜」(1,850円)と、常磐自動車道 守谷SA(上り線)の「茨城イタリアン フルコース ファンタジーな料理の世界」(2,980円)、審査員特別賞には関越自動車道 上里SA(下り線)の「上里真心膳」(2,980円)、長野自動車道 梓川SA(上り線)の「野麦峠 〜すんきとうじ蕎麦〜」(1,620円)、長崎自動車道 川登SA(上り線)の「九州三都 大名椀御膳〜長崎街道味の大名行列〜」(1,706円)が選ばれた。

高速道路を利用された時は、出場したSA・PAに立ち寄って、その土地の素材を使ったグルメを味わってみてはいかが。【東京ウォーカー】