18日、韓国の20〜30代の未婚男女に「カップルの別れ方」について尋ねたアンケート調査結果に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国のカップル。

写真拡大

2016年1月18日、韓国・イーデイリーは、韓国人カップルの「別れ方」について、20〜30代の未婚男女561人を対象に行ったアンケート調査の結果を元に報じた。韓国人のカップルは、どんな方法で、どんな言葉で相手に別れを告げるのだろうか。

まず「別れを告げる方法」で1位となったのは、「カカオトーク(無料通話・メッセージアプリ)かメール」。44.2%もの得票で、2位の「電話」(23.9%)、3位の「会って伝える」(19.8%)を大きく引き離した。4位は「何も伝えず連絡を絶つ」(9.4%)、5位は「友人を通してそれとなく伝える」(2.7%)だった。

次に、「別れにつなげる良いやり方」。1位は、「自分は相手にふさわしくない。もっと良い人に出会ってほしい」と伝える「自責」で36.4%、2位は「相手から別れを切り出すように仕向ける」で25.3%。どうも自分からは言い出しにくいという人が多いようで、「相手と合意する」は3位(17.5%)、「明確な言葉で直接伝える」は4位(10.7%)だった。またここでも、8%の少数得票ながら「連絡を絶つ」が5位に入った。

そして、「カップルが別れを選ぶ理由」で最も多かったのは「性格の違いからくるけんか」で41.2%。2位は「倦怠(けんたい)期を克服できず」で30.3%、3位は「他に良い人が現れたため」で15.2%だった。

韓国の男女の生の声がうかがい知れるアンケート結果に、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「少しでも礼儀があるなら、ただ連絡を絶つのはなしでしょ」
「直接会って、そのまま『あなたが嫌い』と言うのが一番」
「もっと良い相手が見つかったからって別れるような人は、そもそも恋愛すべきじゃない」

「別れようと相手に言わせるのはひど過ぎる。自分だけ最後まで『いいやつ』でいたいんだろうけど」
「何度か別れを経験したら、もう気持ちがなえてきた。誰かに本心をさらすことがなくなったよ」

「僕は別れで苦しみたくないので、20年以上、彼女をつくらず独身で通してる」
「恋愛の倦怠期を克服できずに結婚する人もいるね」
「以前はメールなんて失礼過ぎると思ってたけど、一番ひどいのは雲隠れだと気付くようになった」

「高速を運転中に、別れるから降ろして、と言うのだけはやめて、お願いだから。こっちだって、ちゃんとバス停とか安全な所に降ろしてあげて、他の人と付き合いたいよ」
「40〜50代はどうやって別れるのかな?」(翻訳・編集/吉金)