22日、REI中国語版サイトは記事「台湾空軍のF-16ga米国で墜落、訓練中のパイロットが死亡」を掲載した。21日午前9時(現地時間)、米アリゾナ州ルーク空軍基地で台湾空軍所属のF-16戦闘機の墜落事故が起きた。写真はF-16戦闘機。

写真拡大

2016年1月22日、REI中国語版サイトは記事「台湾空軍のF-16ga米国で墜落、訓練中のパイロットが死亡」を掲載した。

【その他の写真】

21日午前9時(現地時間)、米アリゾナ州ルーク空軍基地で台湾空軍所属のF-16戦闘機の墜落事故が起きた。台湾はF-16を150機保有しているが、うち16機は訓練用に米国で運用されている。

パイロットの高鼎程少佐の死亡が確認された。墜落は空対空戦闘の訓練中と報じられているが、台湾軍は現地に職員を派遣。米国と協力して事故原因の究明にあたる。(翻訳・編集/増田聡太郎)