21日、中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督の長女、チャン・モーさんの監督デビュー作となる「28歳未成年」が北京でクランクインした。写真はチャン・モーさん。

写真拡大

2016年1月21日、中国映画界の巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督の長女、チャン・モー(張末)さんの監督デビュー作となる「28歳未成年」が北京でクランクインした。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

チャン・モーさんは83年生まれの32歳。ニューヨーク大学の映画学科で学んだのち、近年は映画界で活動してきた。「女と銃と荒野の麺屋」「サンザシの樹の下で」といった09年以降のイーモウ監督の作品に、スタッフまたは助監督として参加している。

いよいよ監督として独り立ちすることになったチャン・モーさんだが、デビュー作となるのは、人気ネット小説が原作の「28歳未成年」。イーモウ監督もプロデューサーとして参加し、まな娘を支える。

クランクインのセレモニーには、台湾の俳優ウォレス・フォ(霍建華)、女優マー・スー(馬蘇)が姿を見せた。このほか、俳優ドン・チャオ、イーモウ監督が発掘した若手人気女優ニー・ニー(倪[女尼])らが出演する。「28歳未成年」は年内にも公開予定となっている。(翻訳・編集/Mathilda)