カタールの注目FW、アフィフが鮮やかなドリブル突破から1得点・1アシストをマーク。準決勝進出の立役者となった。(C) Getty Images

写真拡大

 リオ五輪アジア最終予選の準々決勝・カタール対北朝鮮が1月22日、19時30分(日本時間23日・1時30分)にキックオフされた。
 
 前半は、グループAを首位で突破したカタールが主導権を握った。立ち上がりの6分にはアフィフが鮮やかな突破からPKを奪い、これをアフィフ自らが落ち着いて沈め、カタールが先制。開催国が幸先の良いスタートを切る。
 
 しかし、カタールもこれ以降チャンスを掴みながらも得点できずにいると、試合は徐々に膠着。北朝鮮もカウンターからチャンスを窺う。
 
 後半も互いにチャンスを掴みながらも決め手を欠く展開。カタールは78分にクロスバー直撃のシュートもあったが、勝負を決定づける追加点を奪えない。
 
 逆に、北朝鮮は終盤に粘りを見せる。後半ロスタイム、ペナルティエリア手前でFKのチャンスを得ると、これをキム・ソンジュが直接叩き込み、試合を振り出しに戻す。カタールの選手たちが茫然自失とするなか、後半終了の笛が鳴り響き、試合は延長戦に突入した。
 
 それでも延長前半の92分、再びカタールのアフィフが輝きを放つ。左サイドをドリブルで突破し、敵陣深くまで侵入すると、最後は味方へ柔らかなクロス。これを後方から走り込んだアリ・アサドが左足で流し込み、カタールが2-1と勝ち越した。
 
 結局、試合はこのまま2-1で終了。カタールが北朝鮮を下し、準決勝進出を決めた。カタールの準決勝は、1月26日(火)の19時30分(日本時間27日・1時30分)にキックオフされる。相手は韓国対ヨルダンの勝者となる。