【警告】日本=遠藤(98分) イラン=ダネシュギャル(32分)、サゲビ(67分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】豊川雄太(日本)

写真拡大 (全4枚)

【日本代表・総評】 6
 フィジカルの強さを押し出したイランの攻撃陣に苦戦。序盤は守備に重点を置いたため、攻撃ではまったくと言って良いほどチャンスを作れなかった。それでも途中交代の豊川が延長前半に先制弾を決めると、中島が延長後半に2ゴール。”無失点で耐えて終盤勝負”というプランはハマった。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】日本 3-0 イラン

 【個人採点・寸評】
[GK]
1 櫛引政敏 7
キャッチから素早いロングパスを狙い攻撃へとつなげた。クロスにも冷静に対応。延長前半終了間際には決定機をファインセーブしチームを救った。

[DF]
4 岩波拓也 5
試合開始直後に軽い対応で決定機を作られる。後半からはやや持ち直したが、得意のフィードでミスを連発するなど、厳しく採点せざるを得ない。
 
5 植田直通 5
空中戦では強さを発揮するも、地上戦では奪った後のボールをつなげられず。36分には簡単に中央を突破され、決定的なシュートを放たれた。
 
12 室屋 成 6.5
特長の粘り強い対応でイランの進攻を食い止める。時間の経過とともにギアを上げて攻撃参加の回数を増やし、延長前半に豊川への絶妙なクロスで先制点をアシストした。
 
15 亀川諒史 5
前半は1対1で後手を踏み、攻め上がっても安易なボールロストを繰り返した。得意のクロスを供給した場面は1度だけだった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
[MF]
3 遠藤 航 5.5
相手の中盤を捕まえ切れずに自由を与える。1対1の攻防では身体を張るも、ポテンシャルを考えればもっとできたはずだ。
 
7 原川 力 5.5
落ち着いてパスを散らすも、36分にはクリアミスで相手にチャンスをプレゼント。セカンドボールもあまり拾えなかった。
 
10 中島翔哉 7.5
試合の大半は屈強なイラン守備陣に囲まれボールを奪われた。しかし、延長後半に圧巻の2ゴール。イランの息の根を止めた。
 
21 矢島慎也 5
ボールが足に付かず、ドリブル、クロスは雑に。期待された攻撃面でまったくと言って良いほど働けなかった。

[FW]
11 久保裕也 5.5
裏に走って縦パスを呼び込み、チャンスと見れば迷わずシュートを放つ積極性は見せた。とはいえ、80分に交代するまで前線でチームを牽引したとは言い難い。
 
20 オナイウ阿道 5
ボールは収まらず、守備でもプレスが遅れる場面も。空中戦の強さを見せたくらいで、前線の基準点としては機能しなかった。
 
[交代出場]
FW
16 浅野拓磨 6
84分にはドリブル突破から矢島へスルーパスを送るなど停滞していた攻撃に活力を加えた。延長戦で何度か迎えたチャンスは決め切めたかった。
 
MF
14 豊川雄太 7.5 MAN OF THE MATCH
室屋のクロスに頭で合わせ、値千金の先制弾をマーク。守備でも奮闘し、まさに勝利の立役者となった。

MF
8 大島僚太 -
3点をリードし、試合の行方が決まった後にピッチへ。遠藤に代わってボランチに入り、無失点で試合を終わらせた。

監督
手倉森誠 6.5
注意したいと語っていたイランアタッカー陣には多くのチャンスを作られたが、守備重視の選手起用で無失点で乗り切る。豊川投入が当たり、鬼門の準々決勝を突破した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。