22日、米紙ワシントン・ポストによると、北朝鮮が同国に対して「敵対行為」を行ったとして米国人大学生1人を拘束したことが分かった。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は平壌。

写真拡大

2016年1月22日、米紙ワシントン・ポストによると、北朝鮮が同国に対して「敵対行為」を行ったとして米国人大学生1人を拘束したことが分かった。

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、拘束されたのは米バージニア大学に在籍するオットー・フレデリック・ワームビア氏で、昨年末の年越しツアーに参加して平壌を訪れていたが、今月2日に平壌空港で拘束された。報道では、ワームビア氏が「米政府の黙認のもと、観光目的で入国し、北朝鮮に対する敵対行為を働いた」として拘束され、調査されていると伝えているが、詳細は報じていない。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「どうして北朝鮮に行こうなんて思うんだ?」

「もしこの大学生が冒険を求めていたのなら、それを見つけたということだ」

「人質を取ることが娯楽であるような国にどうしてわざわざ旅行したいと思うのだろう?」

「デニス・ロッドマンを送り込んで彼を返してもらえばいい」

「それでも私はデトロイトやシカゴよりも北朝鮮の方が安全だという気がするよ」

「(北朝鮮に対して)何億ドルもの『支援』をすれば、彼が解放されるだろう」

「なぜ北朝鮮への渡航を禁止しないんだ?」(翻訳・編集/蘆田)