21日、旧暦の年末が近づき、インターネット企業の新年パーティーの季節がやってきた。

写真拡大

2016年1月21日、旧暦の年末が近づき、インターネット企業の新年パーティーの季節がやってきた。いつもはきちんとしているインターネットの大物たちもこのときばかりは往々にして普段の威厳を放り投げ、新年パーティーのステージの上で歌い踊り、極め付けにはコスプレまで行う。大物たちの過去のコスプレ姿を見てみよう。今年、彼らは真新しい姿で登場することはあるだろうか?環球網が伝えた。

【その他の写真】

▼アリババグループのジャック・マー(馬雲)会長のレディー・ガガ
アリババ10周年を祝う夕べで、ジャック・マー会長は「白髪魔女」スタイルのレディー・ガガに扮して登場し、参加者をびっくりさせ、また会場でエルトンジョンの「愛を感じて」(can you feel the love tonight)を歌った。

▼ジャック・マー会長の白雪姫
レディー・ガガのほか、ジャック・マー会長は新年パーティーで白いドレスに金髪、巻き髪のかつらをかぶり、童話の白雪姫に扮した。

▼バイドゥの創業者で会長兼CEOの李彦宏(リー・イエンホン/ロビン・リー)氏による怪傑ゾロ
ジャック・マー会長の滑稽なコスプレに比べ、IT業界の顔面偏差値担当の李彦宏会長としては、当然そのイケメンぶりを披露。2012年の新年パーティでは怪傑ゾロに扮し、幾つかポーズを決めると黄色い声援が鳴りやまなかった。

▼李彦宏会長のゴールドアーマー
昨年の新年パーティで、李会長はゴールドアーマーに扮し、ドラムを演奏した。

▼京東商城の劉強東(リウ・チアンドン)CEOが扮する許文強
2014年の新年パーティで、京東商城の劉強東CEOはコートに黒いサングラス、ハットをかぶり白いスカーフを纏った姿で貫録のある大物を演じた。これは映画「上海灘」でチョウ・ユンファ(周潤発)が演じた許文強のスタイルだ。

▼通信機器、ソフトウェアメーカーの小米の創始者、雷軍(レイ・ジュン)氏の弁財天
小米の2014年度の新年パーティで、雷軍氏は「弁財天」に扮してステージに登場しダンスを披露した。ほかの上級幹部たちはそれに合わせて、同社のイメージキャラクター「米兎」に扮した。

▼中国のポータルサイトおよびその運営企業の網易の創始者、丁磊(ディン・レイ)氏のキョンシー
2014年度の網易の北京での新年パーティーで、網易の丁磊CEOがキョンシーに扮した。清の時代の官服に身を包み、メイクを施して両手を前に出してぴょんぴょん跳ねる姿は香港映画から抜け出てきたキョンシーそのものだ。

▼巨人ネットの史玉柱(シー・ユージュウ)の天の帝
巨人ネットの2013年度「仙侠世界」コスプレ新年パーティーで、真剣で落ち着いていることが定評の史玉柱氏が最強の天の帝に扮し、従業員を驚かせた。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)