21日、来月開催される第66回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に、映画「長江図」が中国語作品で唯一ノミネートされた。

写真拡大

2016年1月21日、来月開催される第66回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に、映画「長江図」が中国語作品で唯一ノミネートされた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

米女優メリル・ストリープが審査員長を務めることでも話題のベルリン国際映画祭は、2月11〜21日の日程で開催される。このほど、グランプリの金熊賞を争うコンペティション部門から18本のノミネート作品が正式発表され、中国映画「長江図」も登場。中国語映画としては今回唯一のノミネート作品となった。

「長江図」は、04年のカンヌ国際映画祭でカメラドールスペシャルメンションを受賞(映画「旅程(Passages)」)したヤン・チャオ(楊程)監督の作品。演技派で知られる俳優チン・ハオ(秦昊)が長江の船乗りを演じ、悠久の流れを舞台にした恋愛映画となる。

ベルリン国際映画祭では2年前、中国映画「薄氷の殺人」が金熊賞を獲得した。「長江図」がこの快挙に続くことができるのか、大きな期待が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)