蛇行バス運転手、「症候性てんかん」と診断 運行会社が公表

ざっくり言うと

  • 宝塚市に向かうツアーバスが神戸淡路鳴門自動車道で蛇行運転した問題
  • 運行会社は22日、運転手が「症候性てんかん」と診断されたと明らかにした
  • 当時、発作が起きていたかどうかは不明としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング