21日、台湾の総統選で当選した蔡英文氏のフェイスブックに中国からとみられる大量の書き込みが投稿されている。資料写真。

写真拡大

2016年1月21日、ロイター通信によると、台湾の総統選で当選した蔡英文(ツァイ・インウェン)氏のフェイスブックに、中国からとみられる大量の書き込みが投稿された。

台湾で16日に行われた総統選では、民進党主席の蔡氏が当選した。蔡氏のフェイスブックには21日午前までに4万件を超える書き込みが殺到している。中国ではフェイスブックへのアクセスは制限されているが、投稿の多くが中国本土で使用されている簡体字で書かれており、台湾の独立に反対する内容。民進党の報道官は「投稿内容が過度に極端でない限り、われわれは全面的に投稿を尊重する」と述べた。

この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国の人々にとってそんなことをするのは些細なことだろう」

「中国共産党によるサイバー攻撃だ!中国の一般人はインターネットの不正侵入はできない」

「驚かないよ。中国共産党の常軌を逸した人たちがお金を払ってやらせているんだろう」

「台湾は自由を愛していて独立している!」

「台湾はその土地出身の人々のものだ!アジア人は出て行くべきだ。私たちの言語はオーストロネシア語だ」

「台湾は、もともとその土地に住んでいた人々に返すべきだ。中国系の人々のものではない」

「台湾の総統選の結果は共産主義や独裁とは関係ない。台湾の人々は経済成長の鈍化や失業率に不満を抱いている。彼らは問題を中国のせいにしているし、台湾が中国に飲み込まれてしまうことを恐れている」(翻訳・編集/蘆田)