チョコレートとお肌のおいしい関係…太らない食べ方とは?

写真拡大

 もうすぐバレンタイン。チョコレートをあげる人もあげない人も、チョコレートの美容効果ってご存知ですか?

 チョコレートは砂糖、カカオ(カカオマス)、粉乳、ココアバター、乳化剤、香料等でできていて、この原材料の中でカカオとココアバターがお肌をツルツルにしてくれる成分です。

 カカオに含まれる栄養分にはポリフェノール、テオブロミン、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、ポリフェノールには老化現象を促進する活性酸素と戦ってくれる抗酸化作用が含まれています。そして、テオブロミンは血行を良くして基礎代謝を上げてくれる効果があるとされています。食物繊維が便通をよくしてくれるし、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているので美肌になりたい人にはうってつけ。

 また、ココアバターはコレステロールや中性脂肪を減らす働きをしてくれ、脂肪分は体に吸収されにくい特性をもっています。

 でも一般的にチョコは食べ過ぎると太るイメージですよね。そこで、食べ方にちょっと気をつけるだけで太らない方法をご紹介します。

 まず、数回に分けて食前20〜30分前に溶かしながら水分と一緒にゆっくり食べてください。糖質を先に摂ることにより、満足感を得られて後の主食の量が少なくて済むという利点もあります。

 また、もっと美しくなりたい方にオススメなのが「チョコレートパック」です。作り方は以下のとおり──。

 純ココア、ヨーグルト(砂糖不使用)、薄力粉を大さじ1、はちみつ、オリーブオイルを小さじ1、精製水(不純物を含まない水)適量。この全てを混ぜ合わせて顔に塗って5〜10分置いておくだけです。時間が経ったら水で洗い流してくださいね。かなりつるつるのお肌が得られますよ。

 バレンタインのチョコを渡す前日についでにパック、な〜んていうのも良いかもしれませんね!