■2016年シーズン・10大注目ポイント@後編

 2016年、第4期ホンダは参戦2年目を迎える。日本人として、惨敗を喫した昨季と同じ光景はもう見たくない。勝利を願うファンの祈りは届くのか。そして、小林可夢偉以来となる新たな日本人ドライバーはいつ誕生するのか。2016年の見どころを整理してみた。

(6)初開催・アゼルバイジャンは期待大。アメリカGPは開催危機?

 2016年は「年間21戦」が予定され、ついに史上最多レース数を更新することになる。新たにカレンダーに加わるのは、アゼルバイジャンのバクーで開催されるヨーロッパGP。バクー中心部の公道を使った市街地サーキットで、2013年にはFIA-GT選手権のレースが行なわれている。

 拡大路線のF1は、チケット収益が振るわない旧来のサーキットよりも、世界的PRをしたい新興国が政府レベルでテコ入れをして莫大な開催権料を支払う新規グランプリへと向かっていて、バクーもそのひとつ。この傾向には批判の声もあるが、新興グランプリは費用対効果を度外視した投資を行なって魅力を高めようとするケースも少なくなく、シンガポールGPやアブダビGP、メキシコGPのように成功につながることもある。資源国として急激な経済成長を遂げているアゼルバイジャンがどのようなグランプリを開催するのか、2016年の注目ポイントのひとつだ。

 その一方で、2012年から開催されてきたテキサス州オースティンのアメリカGPは開催危機に直面している。毎年10万人を超える観客で超満員となるが、地元政府からの支援がなければ主催者は開催権料の支払いができず、いまだ2016年の開催の見通しは立っていない。従来の10月から移動して、ヨーロッパラウンド前の5月1日に開催する予定のロシアGPも不安が囁(ささや)かれている。また、第2戦バーレーンGPもサウジアラビアを発端とする中東情勢の悪化があって、懸念される状況だ。

 21戦の開催はチームスタッフにかなりの負担を強いることからも、チーム側の"ウケ"は決してよくない。史上最多カレンダーが実現するかどうか、見通しは決して明るくないと言えそうだ。

(7)新規参戦・ハースに要注意。マノーも生まれ変わる?

 アメリカに本拠を置く新チーム――ハースがF1に参戦する。新規参戦は、2010年以来のことだ。

 とはいえ、ハースはこれまでのような新チームとはワケが違う。国籍はアメリカだが、活動拠点は昨年までマノー・マルシアが使用していたイギリス・ベンブリーの施設をそのまま居抜きで買い取り、十分な設備を整えているからだ。マシン開発は、世界中のさまざまなカテゴリーで使用されるレーシングカー製造シェアナンバーワンのダラーラと提携し、イタリアにある彼らの施設で進めている。

 そして何より、フェラーリと緊密な提携関係にあり、パワーユニット(PU)のみならずギアボックスなどの供給を受けるほか、その開発過程においては風洞施設を積極的に利用してきた。マシンの設計に関しても、フェラーリのノウハウが多分に盛り込まれているのではないかと言われている。

 1月8日には新車のモノコックがクラッシュテストを通過し、着々と準備を進めているほか、スタッフも次々と合流している。そのほぼすべてが、既存のF1チームから引き抜かれた「F1経験者」だという。ロータスでチーフエンジニアを務めていた小松礼雄がハースの同職に就き、現場の技術トップを務めることから、我々日本人にとっても馴染みのあるチームになるだろう。

 また、2010年新規参戦組のなかで唯一の生き残りであるマノーは、昨年は1年落ちのマシンとPUで最下位を定位置としていたが、今年はメルセデスAMG製PUとウイリアムズのギアボックスを手に入れ、さらにアメリカから資本が入ったことで財政的にも安定してくる。メルセデスAMGのジュニアチーム的な立場になる可能性もあり、侮れない存在になってくるかもしれない。

(8)新人不作のシーズン。フェルスタッペンの最年少記録更新に期待?

 今年はロマン・グロージャン(ロータス→ハース)以外にチームを移籍したドライバーがおらず、これほどまでに動きの少ない年も珍しい。その影響もあって、今季は新人不作のシーズンになりそうだ。

 グロージャンに代わってシートを得たのは新人ジョリオン・パーマーで、2014年のGP2王者。元F1ドライバーのジョナサン・パーマーを父に持つ2世ドライバーで、すでに金曜フリー走行への参加やテスト走行も経験している。しかし、チーム関係者からの評価は決して高くはないのが実状だ。

 現時点での空席はマノーの2席のみとなっていて、1席は昨年GP2でランキング4位に食い込んだインドネシア人のリオ・ハリアントが有力とされている。もう1席に座るには持ち込み資金額次第と言えるが、メルセデスAMGの秘蔵っ子で昨年DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)王者のパスカル・バーラインがデビューすることになれば、メルセデスAMGやフォースインディアでF1テストを経験しているうえに、チーム関係者も「フィードバックが素晴らしい」とベタ褒めするドライバーだけに注目が集まる。

 また、昨年17歳でF1デビューを果たしたマックス・フェルスタッペンは、2015年の新人賞とアクション・オブ・ザ・イヤー、パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーの三冠を得た。彼はオーバーテイクで見るものを感心させただけでなく、最年少出場、完走、入賞記録を更新したが、今後はリードラップ、ファステストラップ、ポールポジション、表彰台、優勝、そしてタイトル......と、まだ18歳の彼が史上最年少記録を更新する可能性は高い。セバスチャン・ベッテルがその多くを21歳で達成して記録を保持しているが、フェルスタッペンは2018年シーズンまで記録更新のチャンスがある。

 新人不作のシーズンだとしても、若手フェルスタッペンの走りにも注目したい。

(9)マクラーレン・ホンダの優勝はあるのか?

 日本のF1ファンがもっとも気になるのは、やはり、「マクラーレン・ホンダはいつになったら勝てるのか?」という点だろう。

 現実的に考えて、2016年にいきなりメルセデスAMGの牙城を崩すことは難しい。表彰台とて、フェラーリを超えられなければ難しいだろう。まずは中団グループで安定してポイント圏内を争うこと、そして上位が自滅するチャンスがあれば、表彰台をしっかりと掴める位置にいること。まずはそれが目標だ。

 しかし、時には大荒れのレースもある。トラブルや多重事故、天候の変化など、上位総崩れというケースはやってくる。たとえば2008年のイタリアGP。雨の予選でポールポジションを奪ったのは、トロロッソのセバスチャン・ベッテルだった。そして、セミウエットのレースで彼はそのまま優勝してしまった。第3期ホンダが唯一の優勝を挙げた2006年のハンガリーGPも、決勝直前の雨でレースが大荒れになった末の勝利だった。

 そんなレースで力を発揮するのは、たしかな腕を持ったドライバーだ。そして、確実なレース運びができるチーム。決して運だけで勝てるわけではない。フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンという超一流のドライバーを擁するマクラーレン・ホンダならば、そんなワンチャンスをモノにすることができるかもしれない。

(10)新たな日本人ドライバーの出現は?

 日本人F1ドライバーが姿を消して、2年目のシーズンを迎えようとしている。次に日本人がF1で活躍する姿を見ることができるのは、いつだろうか?

 今、もっともF1に近いのは、GP2で戦う22歳の松下信治だろう。全日本F3チャンピオンに輝いてGP2へとステップアップを果たした昨年は、1勝を挙げてランキング9位。その結果以上に注目すべきは、初めてのヨーロッパで彼が気圧されることなく、対等かそれ以上の戦いを見せてきたことだ。

 GP2は今、世界でもっともバトルが荒々しく、激しいレースのひとつ。しかもフリー走行の時間は短く、ルーキーには厳しい。それでも1年目にこれだけの走りができた松下には、多くの関係者が「これまでの日本人ドライバーのなかでもっともポテンシャルを感じるドライバーのひとり」と評価する。

 松下自身は、王者となったストフェル・バンドールンの僚友として走ったことで、多くを学べたという。

「2015年の自己採点は20点。ストフェルと較べても全然、まだまだというのが現実ですから。でも、やれるなという手応えは掴めました。僕はやっぱりF1に行きたいし、そのためにはここで勝たなければいけません。今年はチャンピオンを狙います」

 今年から、F1のスーパーライセンス取得には下位カテゴリーでの成績に応じたポイント制が導入されるので、松下以外にF1まで辿り着けそうな日本人ドライバーはすぐには出てこないだろう。しかし、松下がF1で活躍する日はそう遠くないはずだ。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki