写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JFEエンジニアリングは1月22日、青果物や水産物を取り扱う生鮮流通会社向け業務支援クラウドサービス「らくうけーる」を開発し、サービスの提供を開始した。価格は1社あたり5万円、月額料金は1IDあたり2万円〜。

現在、全国に約3000社ある生鮮流通会社(仲卸)から、その顧客であるスーパーなどからの受注業務には主にFAXを使用している。流通会社が毎日提供する商品情報の書式は顧客ごとに異なっており、流通会社は煩雑な事務作業を行っている。その効率化のために個々の流通会社がシステムを構築するには多額の費用を要するため、これまで抜本的な対応が困難だったという。

新サービスは顧客ごとに指定されている情報をクラウド上にデータベース化し、流通会社が共通に利用する環境を構築。これにより各流通会社は個々にシステムを構築することなくFAX自動送信、オンラインでの受注集計や納品書出力が可能となり、事務作業を軽減するという。

インターネットに接続できる端末があれば、わずかな初期投資と月額料金のみで利用でき、利用者側でのシステム更新やメンテナンスなども不要。また、各社の販売管理システムとの連動にも対応が可能だ。約4カ月試験導入した流通会社では、事務作業時間を約20%効率化できたとしている。