21日、中国の習近平国家主席は訪問先のエジプトでシーシー大統領と会談し、エジプトに10億ドル(約1170億円)を融資することを表明した。資料写真。

写真拡大

2016年1月21日、ロイター通信によると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は訪問先のエジプトでシーシー大統領と会談し、エジプトに10億ドル(約1170億円)を融資することを表明した。

中東を訪問中の習主席は21日、2カ国目となるエジプトの首都カイロでシーシー大統領と会談を行い、エジプト中央銀行に10億ドル(約1170億円)を融資することを表明した。2011年の革命で当時のムバラク政権が崩壊してから25日で5年を迎えるエジプトは、経済発展に取り組んできている。中国外交部によると、習主席は、「治安維持や経済発展、生活改善に対するエジプトの取り組みを中国は支持する」と述べた。また、「国や国民がどのような道を選択するかは、歴史や文化、経済発展と分離されるものではなく、その国と国民が設定して秩序正しく前進していくべきものだ」と表明した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「融資額の2倍以上の資源を持って行かれるのだろう」

「習主席が『国と国民が自分たちの道を選択して前進する』と発言したのなら、台湾にも自分たちの道を選択させられるようにすべきだ」

「エジプトよ、気をつけるんだ!中国に侵攻されようとしているよ」

「融資の見返りとして、エジプトは中国の南シナ海での活動のために砂を送るのだろう。エジプトにはたくさんあるからね」

「最高の援助と経済支援だ。中国とエジプトよ、おめでとう」

「中国は中東に滑り込んだね。賢明な判断だ」(翻訳・編集/蘆田)