受賞スピーチを行うツウィ=ユーチューブより

写真拡大

(ソウル 22日 中央社)中国大陸で「台湾独立派」との非難を浴びた台湾人歌手、ツウィ(周子瑜)が所属する韓国女性アイドルグループ、トワイス(TWICE)が21日、ソウルで行われた音楽賞「第30回ゴールデンディスクアワード」でアルバム部門の新人賞を受賞した。

へそを露出させた全身黒のパンツスタイルで登場したツウィ。受賞スピーチでツウィの番が回ってくると、客席からはひときわ大きな声援が起こった。ツウィは「ファンの皆さんに感謝します。皆さんがいたからこの賞を獲得できました。特にここ数日、私を励まし、私達を応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました」とすがすがしい表情を見せながら中国語で述べた。

続いて、所属事務所の社長やスタッフらにもお礼。最後に、両親が会場にいることを紹介し、「本当にありがとう。愛してます」と照れたような笑みを浮かべつつも感謝の気持ちを伝えた。

ツウィをめぐっては、出演した韓国のテレビ番組で中華民国の国旗を振っていたことから、中国大陸のインターネット上で批判が噴出。中国大陸での活動一時休止を決め謝罪した。一方、台湾ではツウィを擁護する声が各界から上がっていた。

(姜遠珍/編集:名切千絵)