「配偶者より長生きしたいかどうか」という調査の結果、夫は「妻より早く逝きたい」と考える人が多いのに、妻は「夫より長生きしたい」と考える人が多いことがわかった。やはり、女性はドライなのだろうか、それとも夫思いの気持ちから?

医師・病院検索サイト「ドクター・オウチーノ」が、20〜59歳の男女863人を対象に「寿命に関する実態調査」を行い、2015年12月24日に発表した。

男女とも半数近くが「同じタイミングで寿命を迎えたい」

それによると、「配偶者よりも長生きしたいと思いますか」という問いには、男性の48.3%、女性の48.2%が「相手と同じタイミングで寿命を迎えたい」と答えた。男女とも半数が「一緒に旅立ちたい」と願っているわけだ。

しかし、「配偶者より早く寿命を迎えたい」と答えたのは、男性37.3%、女性23.7%と男性の方が多い。一方、「配偶者より長生きしたい」と答えたのは、男性14.4%で、女性は2倍の28.1%だった。夫の多くは「妻より先に逝きたい」と願うが、逆に妻は「夫より長く生きたい」と望む人が多いことがはっきりした。

究極のズレは、夫「孤独が怖い」妻「1人を楽しみたい」

なぜ、男性は「妻より先に逝きたい」と望むのか。自由に理由を書く回答で多いのが「見送るのは辛い」「妻の死を受け入れる自信がない」「年を取ってからの孤独は怖い」「妻がいないと生活に困る」など。男性の方が、伴侶を失うツラサに耐えられないようだ。

ところが、女性が「夫より長生きしたい」と望む理由で最も多かったのが、「看取りたい」だ。具体的には「子どもがいないので、せめてもの感謝の気持ちを込めて最後の後始末をしてあげたい」などけなげな理由が多い。また、「1人で残こしたら、何もできないから心配」と書いた人も非常に多かった。

続いて多いのが「1人の生活を楽しみたい」というホンネ。「新しい人生を生きてみたい」「自分のために自由な時間を謳歌したい」などだ。やはり、女性の方が老年期の生き方が、男性より上手なのだろう。