写真提供:マイナビニュース

写真拡大

1月22日、三井住友銀行をかたるフィッシングサイトが開設されているとして、JPCERTコーディネーションセンターが運営するフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

22日10時の時点でフィッシングサイトは停止を確認済みだという。ただし、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるため、注意が必要としている。

Webサイトは、三井住友銀行の本サイトを模倣しており、「偽サイトに誘導し湯とする不審なメールにご注意ください」という記述もそのまま流用されている。一方で、このサイトへ利用者を誘導するフィッシングメールは、SMS経由によるもので、一般的なEメールによる誘導とは異なるので注意が必要だ。こうしたフィッシングサイト、メールを発見した場合には、フィッシング対策協議会へ連絡するよう、同会では呼びかけている。