21日、Aインドネシアで首都ジャカルタからバンドンまでを結ぶ高速鉄道の起工式が行われ、ジョコ大統領らが出席した。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

2016年1月21日、インドネシアで首都ジャカルタからバンドンまでを結ぶ高速鉄道の起工式が行われ、ジョコ大統領らが出席した。AFP通信が伝えた。

インドネシア初の高速鉄道計画をめぐっては、日本と中国が激しい受注競争を繰り広げた結果、中国に受注が決まった。事業費は約56億ドル(約6550億円)で、2018年の完工、2019年の開業を目指している。西ジャワ州の農園で行われた起工式には中国の政府関係者も出席し、ジョコ大統領は「習近平(シー・ジンピン)国家主席に感謝の気持ちを伝えてほしい」と述べた。(翻訳・編集/蘆田)